モリヤマシティバレエ主宰 やすな みずほ


4歳でバレエをはじめ、高校卒業後に飛躍を目指して英国へ。留学先での踊りが評価され、オーストラリアのバレエ団公演にゲストダンサーとして出演。意気揚々と凱旋したが帰国後初となる舞台で「あなたの踊りは上手いけど、感動しない」という評を得て自信を喪失。自身とバレエとの関係を一から見直すこととなる。「自分のために踊るバレエ」から「誰かのために踊るバレエへ」と意識や捉え方を変えるなか、より多くの方に喜んでいただけるようにと、学校の授業をはじめ、がん患者の緩和ケアなど、様々な機会や現場でバレエの活動を展開する。

2001年、競争率20倍に及ぶ劇団四季のオーディションに合格し、「オペラ座の怪人」に出演。2004年、四季で得た舞台づくりの経験を軸に、生徒一人ひとりの個性を引き出し、目標に向かってともに歩むことを信条としてバレエ教室を開校。

2012年より、地域のバレエ文化熟成に向け、守山市との共催等による公演のプロデュース活動をスタート。さらに、卒業後も生計を立てながらバレエのプレイヤーや指導者として活動を続けることができるよう、地域企業等との交流、検討会を重ねながら、新しい就職形態や働き方のモデルづくり、環境づくりに向けた取り組みを進めている。

略歴

  • 英国ウエストストリートスクール留学
  • 豪州ゴールドコーストユースバレエ団公演にゲスト出演
  • 2001年 劇団四季「オペラ座の怪人」京都初演に出演
  • 2004年〜2006年 立命館宇治中・高等学校「身体表現講座」非常勤講師
  • 2012〜2013年 守山市役所教育委員会 文化政策推進マネージャー
  • 市内全小学校への芸術体験授業(5年生を対象)導入の一役を担う
  • 英国ISTD協会認定教師
  • 英国モーランドバレエスクールにてサマーコースのゲスト講師を務める

講師

  • 片岡 典子
  • 谷口 陽子
  • 清水 沙織
  • 田中 友麻
  • 砥綿 理佳

ゲスト講師

  • 多田 千尋
受付:平日10:00 〜 18:00