2022 プチコンサートの舞台裏#5

初トウシューズ記念作品
「Tip toe Marching」

今回は7名がトウシューズデビューします(^ ^)

踊りの練習を重ねる度に自然と足首周りの力が強化されていき、全員がしっかりとトウシューズで立ちきれるように成長しました。
ちょっと長めの音楽を選曲することで、下半身全体の筋力の強化や腹筋の強化にも繋がっています。

チラシやパンフレットに掲載する写真を撮影する時期に学級閉鎖が相次ぎ、なかなか全員が揃う日がなくて、一時は振付も練習もスムーズに出来なくて大変でした。

そんな中、互いに協力しあったり、先輩に教えてもらうなどの自主練習に工夫が生まれ、学び方に成長が出てきました。
本番にはその成果をしっかり発揮してくれることでしょう!

振付には、日頃のレッスンで行う「甲出し」のエクササイズ、ポワント初期には外せない「エシャッペ」はもちろんのこと、つま先で立ったまま歩くステップを入れてマーチっぽさを演出しています。

衣装は、アメリカ5大バレエ団のひとつであるニューヨークシティバレエ団の代表作 “スターアンドストライプス” に似たイメージの衣裳を選んでみました。

また作品タイトルは、担当の典子先生が様々な外国語で「つま先」や「トウシューズ」にちなんだ言葉を提案してくれて、その中から講師みんなで選びました。

踊る側も観る側も、明るく元気な気持ちになる時間を過ごしてほしい!そんな想いを込めて創られた作品です。
憧れのトウシューズを履いて喜び溢れる姿をお楽しみください。