2022 プチコンサートの舞台裏 #3

ピーチクラス2つ目の作品のご紹介です。

2:オーロラ姫の友人の踊り

「眠れる森の美女」第1幕、主役オーロラ姫の16歳の誕生日のシーンでお城の侍女たちが踊る曲です。実際の作品では”侍女の踊り”とか“女官の踊り”という名称になっています。

侍女はお城で姫に仕える立場であり、全員が踊りの名手という設定になっています。 早い音楽での細かなステップ、踊りの一番最後に出てくる回転技など難しい技術を求められる踊りです。

ですから、この役柄はプロの公演でも中堅以上のキャリアがあるダンサーが演じる演目とされているのですが・・・

今回は特別編!
名称も”友人”にして、子どもたちの等身大の姿を楽しむイメージにアレンジしました。

このグループも『赤ずきんちゃん』と同様、ほとんどが初舞台。そのうえ、先輩の役割を担える生徒も少なく、練習中は個性的で奔放な子どもたちに講師の方が鍛えられています(笑)。

まずは、みんなで一緒に音楽に合わせて動けるように「8」と「4」のカウントを数えるところから練習がスタート。
そしてバレエのルールにおいては、回転=腕の形を丸くする(アンナヴァン)。という一つだけに絞って振付しています。

と、思いつつ、ちょっと背伸びして難しいフォーメーションや出番の順序などを振付に取り入れてしまって・・・

こんなお友達がお城に集まるとオーロラ姫も楽しくていいよね!という気持ちで観てくださいね(^^)。