選ばれる人になる! バレエ教育の魅力

今日は踊るだけではないバレエの魅力についてお伝えします。

バレエというと、舞台で踊る「発表会」 という非日常な機会があるせいか、「敷居が高い」とか「お金持ちの家の子どもが習うもの」という昔ながらのイメージが強いみたいですね。

この昔ながらのイメージが根強いために、バレエの本当の価値や魅力が世の中に伝わりきってないような気がして、私はとても残念に感じています。

特に、幼少期からのバレエは、社会に出た時に求められる「人として必要な要素」が楽しみながら自然に身につく素晴らしい教育ツールのひとつなんです。

例えば・・・・・
集中力や継続力、そして困難を乗り越える強い心が身につきます。いわゆる逆境力とかレジリエンス力ともいうのかな?
上達したいという想いから、自主性が育ちます。
また、舞台という大きなイベントを体験することでコミュニケーション力も高くなります。

何よりも夢と目標を明確に持つ生き方になるので、塾に行かなくても勉強するようになり、園や学校で何かと「選ばれる人」になるんです!

と、これはほんの一部なんですが、
これ、どうですか?
すごくないですか?!

なのに! バレエのこういう大事なことがなかなか日本では浸透していない気がしています。
もう、めちゃくちゃ残念です( ;∀;)

私が長年バレエを続けてきて、良かったと感じていることはコチラ↓

https://youtu.be/c4AvbLl0zds