抜群の鮮度でお届けします!

「きゃ~!うれしい~(^^)」「楽しい~(^^♪」

・・・・・・

・・・・・・

「あ・・・大丈夫かな」

「こ、こ、こけそう(*_*;)」

 

などなど。 舞台の上で踊るダンサーの頭の中はいろんな言葉が高速回転(笑)。 短い時間の中で、色んな感情と向き合っています。

中には、本番での出来具合によって「もう少し練習出来たら良かったかな?」と感じるダンサーも。

 

いや、いや、いや、実はね、そうでもないんですよ。

発表会の練習期間は教室によって異なりますが、当教室では3ヵ月ぐらいを目安にしています。

 

なぜ、3ヵ月なの?

それは、お客様に鮮度抜群の舞台をお届けしたいから。

どういうことかというと、人は、同じ事を長期間繰り返すことで「慣れ」や「惰れ」が出てきます。 踊ることも同じで、練習期間が長すぎると、程良い緊張感を通り越して「慣れ」で踊ってしまう時期が訪れてしまうのです。 そんな状態の舞台ほど、お客様にとってつまらないものはありあません。

 

年齢問わず、瞬間・瞬間のダンサーの生き様に触れる。 舞台の感動って、そこから生まれるものだと私は思っています。 だから、リアルにワクワク感や緊張感がある状態で舞台に立ってほしい。

そんなことを逆算すると、大体3ヵ月になるわけです。

私がお世話になった劇団四季の名言に、こんな厳しい言葉があります。

「慣れ、惰れ、去れ !!」

思い出すとビビりますが(笑)。

この3つが出ないように、只今、追い込み練習中です。

そんなこんなで、今回も鮮度抜群の状態で舞台をお届けします。

どうぞ、お楽しみに(^^♪。 詳細は、こちら↓でご確認くださいね!

https://www.mcb-ballet.jp/3844/