キュンキュンキューンな出来事

今日の写真は、ピーチ(幼児)クラスの生徒Kちゃんのバレエノートの一部です。

担当講師Yの舞台を観に行った後日レッスンでの出来事。

 

まずはレッスン後の講師Yと生徒の会話にお付き合いください。

Y先生:「これ誰描いてくれたん?」

Kちゃん :「エスメラルダ〜 ✨」

Y先生:「こっちは?」

Kちゃん:「男の人〜 ✨」

 

………はい キュンキュンキューン 😍 💕
一度見ただけでこんな絵を描くなんて
子どもの観察眼はほんとスゴイ(*’▽’)

他にも
「何で先生は悲しそうにお辞儀してたの?」って、質問された。

ストーリーを説明すると納得してたけど、
たった4、5歳の子どもにも
自分の悲しみの感情表現が伝わったと思うとすごく嬉しかったし、
それを心配してくれてたことにも感動 ☺️ ✨

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな二人のエピソードに私の心も

キュンキュンキューン 😍 💕

あー、今までバレエをやってきて良かったぁと思える出来事でした。

 

そして、シンクロで有名な井村雅代コーチの名言を思い出したのです。

 

「感動できる人間だけが、誰かを感動させられる」

 

はい、まさにその通り~~(*’▽’)。

生徒Kちゃんの感動は、Y先生の感動を生みました!

 

感動するということは、同時に他人の心を理解しているということ。

いわゆる他人の気持ちを推し量るということでもあります。

 

相手の立場になって考える

 

生徒Kちゃんからの

「なんで悲しそうにお辞儀してたの?」という質問は、

まさに主人公の気持ちを理解しようという心。

Y先生が彼女のそんな心に感動してしまうのは納得です。

 

 

幼少期から様々な物語に触れる大切さは、きっとこんな理由があるのでしょう。

 

 

台風の被害や地震など、避けられない事態が続くこの頃。

今年は災害が多くて、不安な気持ちが続きますよね。

 

こんな時代だからこそ、

子どもたちにはどうしようもない辛い時や大変な時に

他人のことを思いやる心を持った人に育ってほしい・・・・

「人生とは感情の質」

今日のブログであなたを少しでも笑顔に出来たなら嬉しいです。